個人再生手続きの特徴

個人再生手続きは、法律で定められた金額を業者に支払って借金を整理する方法です。再生(支払い)期間は任意整理手続きと同じ原則3年ですが任意整理は裁判所を介さないで借金を整理する方法であるのに比べ個人再生手続きは裁判所の介入によって解決します。

個人再生手続きの流れ

  1. 申し立てのための準備
  2. 申し立て
  3. 再生手続開始決定
  4. 再生計画案の提出
  5. 再生計画案の決議
  6. 再生計画認可決定
  7. 再生計画案に従って支払い開始

個人再生手続きのメリットとデメリット

メリット:任意整理よりも低い金額で整理できる

任意整理手続きは、利息制限法に基づいた減額でしか借金額を減らせませんが個人再生手続きの場合は、更に低い金額で経済的に再出発できる可能性があります。

メリット:資格制限を受けない

破産手続きでは一定期間「特定の職業につけない」という資格制限を受けますが個人再生手続きでは制限はありません。

メリット:借金の理由を問われない

破産手続では借金の理由によっては結果が左右されますが個人再生手続きでは借金の理由が結果に影響することはありません。

デメリット:手続きが複雑である

個人再生手続きは、債務者の経済的厚生を目指すという色合いが強いので債務者にとっても有利な制度ですが債権者の意見は他の手続きよりも重視されません。しかしこれでは公平さを欠くので身長な手続きが必要とされます。

デメリット:弁護士費用が比較的高い

手続き期間が長期間に渡るので弁護士が再生計画の立案をしなければならないことが個人再生手続きを進める弁護士の負担を大きくするので弁護士費用がほかの手続きよりも多くかかる傾向にあります。

次へ:個人再生手続きの種類