1) 個人再生手続きとは

個人再生手続きの特徴 個人再生手続きは、法律で定められた金額を業者に支払って借金を整理する方法です。再生(支払い)期間は任意整理手続きと同じ原則3年ですが任意整理は裁判所を介さな...

詳しくはこちら

2) 個人再生手続きの種類

小規模個人再生と給与所得者再生の違い 小規模個人再生手続きは、将来において継続的に収入を得る見込みのある個人を対象にした手続きで主に自営業を営んでいる方が対象になりますが実際...

詳しくはこちら

3) 個人再生手続きの準備

申し立てに必要な資料 個人再生手続き申し立ては申立書以外に複数の書類を裁判所に提出しなければなりません。裁判所に聞けば教えて貰うことはできますが給与所得者再生手続きを利用する...

詳しくはこちら

4) 小規模個人再生の返済額

支払金額は破産手続よりも多い 小規模個人再生手続きには最低弁済基準額というものが設定されています。 最低弁済基準額というのは「再生手続を利用する以上は、これだけの支払い...

詳しくはこちら

5) 給与所得者再生の返済額

可処分所得の規則 給与所得者再生手続きにおける業者への支払額は下記の規則があります。 可処分所得の2年分以上の要件を満たさなければならない 給与所得者再生手続きの場合は可...

詳しくはこちら

6) 住宅資金貸付債権

住宅資金貸付債権のメリット 個人再生手続きでは住宅ローンを住宅資金貸付債権と呼び、債務者が住宅を手放さずに経済的更生ができるように住宅資金貸付債権の特則が定められています。 ...

詳しくはこちら