借金をゼロにする正しい知識と解決法

1) 特定調停とは

特定調停とは


特定調停手続きとは、経済的に破綻するおそれのある債務者が債権者と話し合いに基づいた合理的な返済計画を立てることで経済的再生をはかる手段です。

簡易裁判所に申し立てを行い、簡易裁判所で手続きが終わります。特定調停も任意整理と同様に分割の返済計画案は3〜5年です。特定調停の特徴は、調停委員(有識者)という第三者が介入することで、根拠となるのは民事調停の特例である「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」です。

調停の流れ

所定の申立書を準備し簡易裁判所に提出すると、調停委員が申立人から借金の総額や毎月支払える金額を聞き、返済計画を検討する準備期日または事実調査期日になります。

検討を踏まえて返済計画案がまとまると、債権者を一人ひとり呼び出して話し合う調停期日が決定します。その日に出頭しない債権者もいますが調停委員は電話での交渉も行います。

調停委員を通して交渉するので申立人は債権者と直接交渉する必要がありません。債権者と合意に達すれば合意内容を調停調書として作成し合意に至った支払い計画のとおりに返済を行います。

裁判所の受付窓口における相談
特定調停申し立て
準備期日(返済計画の検討)
調停期日(残債務の確定・返済計画の合意)
調停成立
支払いの実行

次へ:特定調停の申し立て方法

PAGETOP
Copyright © 債務整理の基礎知識 All Rights Reserved.