借金をゼロにする正しい知識と解決法

5) 一括払いのメリットは大きい

まとまったお金が用意できれば一括払いを選ぶ


まとまった金額を揃えることが可能な場合は一括支払いを選ぶこともできます。一括払いは家族や親族などの協力で、まとまったお金を用意できる人が行います。その最大のメリットは利息制限法で引き直した額よりも少ない金額で和解できるということです。よくて7割、悪くて9割の残元金を払うことで借金整理が済みます。

債務総額が300万円であれば3割カットで90万円、200万円であれば60万円も返済額が減ります。

債務者の利益は大変大きいので、まとまった資金調達が見込めるのであれば一括返済を選ぶほうがよいでしょう。

債権者は平等にあつかわなければいけない

一括払いで解決する場合、債権者を平等に取り扱うことが要請されます(債権者平等の原則)。ですので支払う割合は業者それぞれ同じである必要があります。

たとえば返済資金300万円を用意できたが債権者5社い400万円の残債務がある場合、債権者5社への一括弁済の支払い提案は残債務の75%として行われます(例えばA社の場合、300万×150万/400万の計算で算出します)。

75%の支払い提案に全債権者が応じない場合には、改めて支払割合を高めて提案することになります。

一括弁済を行う場合の注意点

一括弁済の効果が大きいですが、専門家に依頼せずに独自で業者と交渉し一括弁済をする場合は注意が必要です。業者が利息制限法による引直計算をせずに、少し減額するという形で和解を勧めてくる場合があるからです。

そもそも業者は出資法に基づいた高利息をとっておりので業者の主張する8割が利息制限法で引き直した金額の8割よりも相当高い金額である場合があります

もし、親族から返済資金を借りて借金問題を解決する場合は弁護士に依頼して一括弁済するのがよいでしょう。

専門家に頼まず家族の協力だけで完済したが再び謝金を抱えてしまう人がいます。そういう人は業者にとって「優良顧客」ということになるので再びお金を貸してきます。専門家に依頼すれば確かに費用は発生しますが業者にとって「要注意顧客」となり融資の案内も少なくなるので一括弁済をする際は専門家に相談しましょう。

次へ:個人再生について

PAGETOP
Copyright © 債務整理の基礎知識 All Rights Reserved.