借金をゼロにする正しい知識と解決法

1) 任意整理の流れ

受任通知で督促が止まる


任意整理手続きは、業者と交渉して返済額、返済方法を合意し借金問題を解決する方法です。

まずは弁護士からの事情聴取から始まるので債務一覧表をつくってもっていくとスムーズに進行します。

弁護士との委任契約が成立すると弁護士は代理人として受任通知を送付取引履歴の開示を要求します。

受任通知とは債権者に対し「債務者が弁護士を依頼した」ことを知らせる手紙です。

債務者が弁護士に借金整理を依頼したことを知らせ、債務者に取り立てなどの一切の連絡をしないように警告し全ての交渉は弁護士が行うことを伝え取引履歴を開示するよう求めるために送付します。

弁護士から受任通知を受け取ると業者は債務者に直接、取り立て行為できなくなる新貸金業法21条1項9号)ので支払いが遅れて取り立てに悩んでいる場合は弁護士が受任通知を送付することで解消されます。

弁護士に委任
弁護士から業者に受任通知を送付
業者が取引履歴を開示
利息制限法に基づく再計算で債務額の確認
返済計画を立案
業者と交渉
業者が合意する
返済

返済計画を確認する

取引履歴が出揃うと利息制限法に基づき再計算をおこない債務額が減ればそれが本当の債務額になり、マイナスになれば過払い金になり、過払い金がある場合は業者に返還を求めていきます。

殆の弁護士は債務調査を進める一方で収入の範囲内で毎月の返済が可能かどうかを確認するために、毎月の返済可能額を積み立てるよう依頼者に指示します。

積立が出来ない場合は任意整理を諦めて別の方法を選ぶことになります。

本当に支払うべき借金がわかれば弁護士は依頼者と相談しながら返済計画を立てます。この際、依頼者の生活状況や所得、積立の状況も考慮の対象となります。無理があれば返済計画は失敗しますから慎重に検討するようにします。

これなら確実に返せるという返済計画ができて初めて弁護士は業者との交渉にあたります。それぞれの業者と合意に至れば返済計画のスタートです。ちなみに任意整理は債務者は原則3年間にわたって支払いをしなければいけません。

次へ:返済計画の立て方

PAGETOP
Copyright © 債務整理の基礎知識 All Rights Reserved.