借金をゼロにする正しい知識と解決法

債務整理は現在の借金総額を知ることから

多重債務者と呼ばれる人は支払不能状態にも関わらず「今月はなんとか乗り切れる」とか「まだ大丈夫」とか「どうになかるだろう」と思っているふしがあります。複数の業者から借金を続けていると、毎月のやり繰りは何とかなってしまうので、肝心の借入総額への意識が薄くなる傾向があります。

しかし、自転車操業的なやり繰りは必ずどこかで行き詰まり最終的には破綻してしまいます。借金トラブルを解決するには、まず債務者(借金を抱えている人)自身が、自分の借金の総額を正確に把握することが大切です

借金の総額を知らなければ、現在の収入で返済可能かどうかも判断できません。ひいては、借金整理を行うべきなのかどうかの判断もできません。

借金トラブルを解決する債務整理の第一歩は、現在の借入総額を知ること

滞納家賃も光熱費も借金です

しかし、総額を知ろうにも、自分がどれほど借金しているのかが分からなければ把握のしようがありません。それに「何が借金なのか?」ということを正しく理解しておかないと、借金整理をする途中で「隠れた借金が出てきた」などということにもなりかねません。

殆どの人が借金といえば、銀行ローンサラ金カードキャッシングを思い浮かべますが借金はそれだけではありません。

たとえば、リボ払いで購入した高額商品やローンを組んで自動車や家電製品を購入し、いまだ完済(完全に返済すること)していない場合は残りのローンは借金です。たとえ商品が手元にあっても所有権はローン会社にあります。商品を売却してしまうと刑法上は他人の物を勝手に処分したということで横領罪になってしまいます。

また、誰かの保証人になっている場合(たとえば住宅ローンなどで連帯保証人になっている場合)も、その保障額が保証人の借金とされます。

なお、家賃電話料金光熱費を滞納している場合も、法律上は借金となります。家賃滞納のまま転居した際の未払家賃も当然ですが借金に含まれます。

このように、正確に自分の借金を数え上げていくと予想以上の金額に膨らむ可能性があるので、借金の総額次第で、どのような借金整理の方法をとるかが変わってくるので、まずは「自分が本当はいくら借金しているのか」を正確に把握することが重要です。

次ページの「借り始め時期を明確に」へ

PAGETOP
Copyright © 債務整理の基礎知識 All Rights Reserved.